「気の病」といわれるように気が閉ざされると病気になり、
全身に氣が循環すると氣は開放され元に戻り元氣になります。

 

「キ」には「陰のマイナスの気」「陽のプラスの氣」があります。
驚くことに「キ」の概念から言えばどちらが良いとか悪いというものはありません。
ただ、陰の状態と陽の状態、そして安定した中立の状態があるのです。

人体に対する「キ」 肩・腰・正中線

こんにちわ癒手道代表の樋渡さとしです。
伊勢市二見町では人生の楽園”ぽかぽか村”で村長をしています。

人生をより楽しく、健康的に生きる秘訣をつづっています。
問題や課題を抱えている方の気づきになればと思いブログを書いています。

 

絶対安定状態である中心

キが一番安定している状態とは、
身体に正中線があり自分の中にぶれない中心軸があって、
中心軸は正面から見れば大地に対して垂直に立ち上がっていますが大地にもしっかり意識が落ちています。
両肩は大地に対して水平、腰も大地に対して水平であって決して傾いていないことです。

 

陰の気は、正中線が大地から垂直に立っておらず、傾斜やねじれがあり、
肩腰も大地から水平となっていないことが多く、背骨はやや前傾しています。
陰の気は病気になりやすい状態で気が滞り身体が硬く動きづらくなりやすいです。

 

気の流れには、男性型のキの流れ、女性型の氣・気の流れがあります。
女性が男性型の気の流れになってしまうと体調不良を起こしてしまいがちです。
女性なのに男性型の気の流れになってしまうと気が落ち着かず違和感を感じます。
乳がんや子宮筋腫などの女性特有の病気になったりして女性らしさを失ってしまいます。

 

男性が女性型の気の流れになると反対の気の流れになりますので
男らしさの象徴である力強さが失われたりして頼りない男性のように思われたりします。

現状を改善して人生を大きく転換したいと望んでいる方に
次に氣をコントロールして健康維持はもちろん、運勢までも大きく転換する方法をお伝えします