正常な女性型の気の流れは恥骨から呼吸法にて胸の前を通って頭上まで息を吸います。
頭上からは呼吸法で息を吐きながら背中を通って仙骨へ意識をします。

 

男性型の気の流れは仙骨から呼吸法にて息を吸いながら背中を通って頭上へ
頭上からは呼吸法にて息を吐きながら胸の前を通って恥骨へと意識をします。

こんにちわ癒手道代表の樋渡さとしです。
伊勢市二見町では人生の楽園”ぽかぽか村”で村長をしています。

人生をより楽しく、健康的に生きる秘訣をつづっています。
問題や課題を抱えている方の気づきになればと思いブログを書いています。

男女共に気(氣)を整える呼吸法をするときは、
呼吸にあわせ恥骨(仙骨)から仙骨(恥骨)へ両腕を使って動かしながら意識をしていきます。

 

しばらく、気(氣)の流れを整える呼吸法をすると呼吸が楽になったり、身体が柔らかくなったり、痛みが消えたり、目の霞がとれたりすれば気は整っています。

反対に気の流れが整わず苦しくなるようなことがあれば、気の逆転現象を起こしているのでスグに中止してください。
氣の逆転現象を起こしている場合は、気を整えることのできる気功師に依頼して調整をしてください。

 

気(氣)の流れとともに大切なものに中心軸というものがあります。
この中心軸が狂っていると大地にしっかり足が着かなくなっている可能性があります。
大地にしっかり足がついている状態をヨガなどでは、グラウンディングといいますのでご存知の方も多いです。


しっかり地に足が着いていないと 浮き足立ちになり、バランスを崩しやすいです。
バランスを崩すと真っ直ぐ歩けなかったり、めまいを起こしたりするだけでなく、こころのバランスも崩します。
スグに苛立ったり、怒りの感情が出てきてもスグにおさまらず精神的に不安定になりがちです。


施術を行う仕事をしている方は、
施術前、施術後に氣の流れを確認してビフォーアフターの違いを患者さん自身で理解できるようにすることで互いの信頼関係を増すことができます。

ご自身で氣を整えると精神が安定して肉体的には健康を維持できます。


私たちが氣をコントロールすることで病や症状はもちろん、思い通りの人生を生きることができるので是非、氣のコントロール手法を身につけてみてください。