病気、陰気。弱気、邪気、湿気・・・
元氣、陽氣、健氣、正氣、上氣源、氣勢、・・・
どっちでもいいけど、やっぱり笑っていたいですネ、

氣を安定させるのに腕ふりがお勧め♪
腕ふりをしているとちょ~~~氣もちがいいですヨ

 

先ずは動画をご覧になってから下記の文章を読んでみてください。

 

こんにちわ癒手道代表の樋渡さとしです。
伊勢市二見町では人生の楽園”ぽかぽか村”で村長をしています。

人生をより楽しく、健康的に生きる秘訣をつづっています。
問題や課題を抱えている方の気づきになればと思いブログを書いています。

腕ふりで氣をつけていただきたいことは、力を使わずに腕が動くようにすることです。
上のイラストのように右手で左手の上腕の筋肉をさわり、腕を40度くらいまで動かしてみてください。
40度くらいまでは上腕の力は入りませんが、それ以上に上げようとすると筋肉が緊張します。
筋肉に力が入ってしまうと腕フリは失敗です。

 

腕ふりの初動は臍下丹田と言われる肚を動かすことです。
腰を動かすのではなく肚を動かすのです。
肚に意識して前後方向に∞の字を描くように動かします。

腕が後ろから前にいくときは、重力を感じるように、そして加速度を付けて前に放り出されるように
腕が前から後ろに行くときも、重力を感じるように、そして加速度を付けて後ろに放り出されるようにします。

 

腕が最大限後ろ上方へ上がるときに前からの加速度と放心力がつき外に放り出されるようになります。
次に最大限上方まで上った腕は、地球の重力に逆らえず下方に落ちるようになりながら前方に加速し始めます。
後ろと同じように前方へと腕は移動していき、ちょうど横から見るとイラストのように∞のように見えます。

腕ふりにおいて注意点
腕ふりにおいて重要なことは能動的に腕を動かすのではなく、自然の動きを感じるようにしてください。イメージ的には、振り子時計に前後方向に自然と動くイメージです。

次に氣を使った方法で一瞬でグランディングができる方法をお伝えします。