雨が降って大地を潤すように
病気であったり、人生思い通りに行かなかったりしても
ネガティブな要因は悪いというわけではありません。
私たちは往々にして、出来事に意味を付けたがります。

 

しかし・・・

 

「出来事には意味はない」

では、どんなときに意味ができるのかというと
「あなたが意味をつけた時」です。

そして、その多くの場合、
「良いか」「悪いか」という意味をつけるのです。
あなたがつけた意味によって人生は大きく分かれます。


私は過去に事故に遭い全身麻痺になったり、
心筋梗塞になったり散々な目にあいました。
事故にあい全身麻痺になったり、心筋梗塞になったから
今の「幸せ」がるのだと思います。

あなたなら、最悪の出来事に陥ったとき
「どんな意味をつけたいですか?」

私の場合、
最悪の事態に陥ったからこそ人生を変えることができたと思います。
人生を大きく変えることができたのは「氣」のコントロールがあったからです。

私が全身麻痺になったとき、心筋梗塞になったとき
私を救ってくれたのが「キのコントロール」でした。
結果として、氣が天命や使命に導いてくれたものだと思います。


気功セミナーでは「キのコントロール」を伝授しています。
先ずは肩こりや首の痛みが簡単に取れている動画をご覧ください。

気功整体師になって17年でわかったことは
「誰でもできる」ということです。


昨日も大阪で気功セミナーでしたが
徳島県小松島市から来た方は氣のコントロールを体感して
「目をまるまるさせていました」
そして満面の笑みで気功セミナーを楽しんでいました。


氣のコントロールをしたい方は、
気功セミナーに参加してみてください。