おはようございます。

癒手道代表の陽あたりこと樋渡さとしです。

 

今日は、大阪の講座日です。
今月は肩こり解消の講座をしていますが、

先週は枚方で自力運動療法講師としてラジオ出演したきよっさんから
イベントで肩こりを5分500円で施術する簡単な方法を教えてもらいたい。
という要望がありました。

復習できるように動画で説明を詳しく記載しています。

 

肩こりで悩む家族がおられる方はぜひ、参考にしてください。

そういえば、きよっさんは最近とても活躍しているので凄い♪
癒手道を学ぶ仲間がラジオ出演や講座などの依頼があることは
道場長として嬉しい限りで、いろいろな報告をくれるきよっさんは凄いです。

 

 

それではさっそく、

肩こり5分500円パート1を記載します。

 

まず、肩こりがある人は
「肩周辺の筋肉が緊張し、肩が吊り上がったようになっています。」

 

肩こりを解消するには、
相手の訴えている主訴がどこなのかを明確に理解すること

 

 

主訴とは、「主な訴え」

 

万年肩こりで慢性的になっている人は、
具体的な場所がわからず、だいたいこの辺りっていうことが多いです。

 

そのような場合は、

「具体的にココが凝っていますネ」

「ココが痛いですネ」

「ココが張っていますネ」

というようにこちらから聞いてみてください。

 

ポイントが明確になれば、明確であるほど

肩こりは解消しやすくなります。

 

 

肩こりに限らず、身体を健康へと導くことに対しての注意点をお伝えします。

 

治療家であっても

施術家であっても

一般素人であっても

普通の主婦であっても

 

たいそうに考えないでください。

 

適当に手の力を抜いて触れてください。

※ 手を抜いて(いいかげん)施術する訳でないのです。

 

肩が凝っている人は、
肩に力が入って筋肉が萎縮しています。
筋肉の萎縮を取るには、術者が緊張(力が入る)していたら萎縮は取れません。

 

5分で肩こりの施術を簡単にするのなら・・・

テクニック的はいろいろありますが今回は、簡単な方法をお伝えします。

 

「力を抜いて、上げて、下げる」

 

もっと正しく表現すれば、

「相手の肩が自然に上がって、下がる」

 

修練を繰り返し、熟達すれば、

正しく(楽に)、上がって、下がってを2~3回繰り返せば
「肩こりはほとんど取れています。」

 

次に腕を一番楽になる位置に戻してあげる。

具体的には、腕を捻じらず、陰陽二相を転換させながら手の平を表に向ける。

熟達者で修練が完成して身体ができている人は手の甲が表になります。

 

右手は上腕(力こぶ周辺)を優しく触れるように持ち、
捻じらずに外回転をしながら上げて、下げる

注意点として、

上げるのではなく、上がる

下げるのではなく、下がる
能動的に動かそうとせず、自然な形で動けるように修練してください。

多くの方は知識、テクニックを学びたがりますが、
知識、テクニックはあくまでも方法論でありますので練り修めて体得を目指してください。

 

左手は、

後方に移行すれば自然と相手が倒れるように触れます。
注意点としまして、絶対に引っ張たりして相手を倒そうとしないでください。
相手に違和感を与えれば、相手は警戒心を持ち緊張してしまいます。

肩こりを取ろうとすれば、するほどに相手は緊張してしまうので自然に手を動かしてください。

 

ポイントとして、
大切なもの、デリケートなももの、あかちゃんの柔肌に触れるような感覚
思いやりのある優しい気持ちで相手に接することです。

 

術者の身体や手に力が入っていると、

術者自身の身体の疲れを感じたり、苦しくなったりするのはもちろん
患者さんサイドも、防御反応として緊張して筋肉に力を入れてしまうので
術者の思い、患者さんの思いの方向性が逆となり本末転倒となってしまいます。

 

 

患者さんが抵抗を感じない
優しくて柔らかい癒しの手になるように修練を繰り返します。

 

 

 

なぜ、知識やテクニックよりも修練を大切にするのかと質問や
テクニックのみを教えてくれたらスグに施術ができるので早く教えてくれ
というようなご意見を頂きます。

 

 

癒手道では、肩こりを解消するだけに限らず、
五臓六腑といった内臓にもアプローチしますので柔らかい優しい癒しの手を大切にしています。
手には、その人の心が現れます。

なので繰り返し、繰り返し、癒やしの手の修練を大切にしております。

 

 

身体に異常があれば、

異常個所が主張し、こわばっています。

 

肩こりであれば、肩がいかり肩のように吊り上がったようになり、
上腕骨頭が胸骨側に入って胸が閉塞し息苦しくなります。

 

 

一方、身体の異常が無くなれば、

異常個所は、全身と調和し緩やかになっています。

 

肩こりであれば、なで肩のようになり鎖骨が開き、肩甲骨が閉じます。
胸が解放され、呼吸が拡大し、全身の細胞へ酸素が届くため、顔色も良くなります。

腕が楽な位置に来れば肩こりは自然と楽になってきます。

 

 

動画では、だいたい10回ほど肩を上下に動かしただけで肩こりは消えてなくなっています。
イベントでは5分ほど、

自宅で家族にするのならもっと多く動かしても大丈夫です。

あくまでも相手を楽に導くという観点ですが
気負うことなくリラックスして施術してください。

次回は、

肩こり5分500円のための腕の転換を記載します。

 

 

 

お知らせ

 

 

 

 

癒手道(いやしてどう)では、天地自然の氣を活用し
人や社会から喜ばれるき方を分かち合っています。
奪い合いから分かち合い、不調和から調和、
生きとし、生けるものがみな平安に生きれる世界の創造を目指しています。

 

〇 スゴク楽な生き方は、全身が調和状態となり自然と一体になること
〇 天地自然の氣を活用して「在るがまま」まっすぐに生きたい方、
〇 人や社会から必要とされる生き方を実践したい方、
〇 喜ばれ、感謝されながら社会に貢献したい方

 

このブログを通して何かしらの氣づきや精進があれば幸いです。

 

■ 癒手道の体験したい方はコチラ

大阪道場にて無料で体験を受けることができます。

毎週金曜日 午後3時~5時 午後7時~9時
上記の時間で30分ほど体験を受けることができます。
※ 毎週金曜日の大阪の講座の時以外は伊勢で仕事をしております。

 

■ 癒手道の施術を体験したい方はコチラ

施術の無料体験を受けたい方は1か所或いは10~30分程度
伊勢市の「人生の楽園”ぽかぽか村”」にて行っています。

※ 毎週金曜日の大阪の講座の時以外は伊勢にて仕事をしております。

問い合わせ 癒手道代表 樋渡 さとし 080-5356-2217