おはようございます。
癒手道代表の陽あたりです。

 

今日は、保育園の運動会♪
うちの娘たちはもう卒園して随分たちますが、
昨日、保育園の園長先生と先生方が挨拶に来てくれました。

 

 

保育園児たちは、この3週間ほど
毎日、毎日、元気に育っている姿を両親に見せたくて
大きな声を張り上げて練習をしていました。
スピーカーから流れる音楽や園児たちの掛け声が
近隣住民に迷惑をかけているということで挨拶に来られたのですが・・・

 

 

当事者の私はとしては「ありがとう」なのです。
日々、園児たちの元気な声や姿をマジカで見れ、
園児たちからエネルギーを貰っている
そのように思うと感謝なのです。

 

今日は癒手道の「からくり」というか「基本」を紹介します。

 

 

「どうやっているんですか?」
ってYoutubeを見てくれている方から質問がありました。

 

========================

身体をひとつにする簡単な方法は「さとる」ことです。

========================

 

と、言っても
仏教修行者のような悟りではありません。
三次元的、現実的な「さとり」の話です。

 

人は、自分以外のものを変えようとしますが
この世の中で変えれるものは自分だけです。

 

なので、
相手を変えようとせずに自分が変わることです。

 

では、
どのように変わればよいのでしょうか?

 

それは、
自分自身の肉体意識が消え相手とひとつになることです。

 

 

相手とひとつになり、相手が気持ちよくなつように導くこと
この原理を癒手道では治療家や施術家、真理探究者に体感を通して伝えています。

 

10月5日土曜日は、深遠な氣の世界が体感できますよ♪
http://www.kikouseminar.com/