こんにちわ癒手道代表の樋渡さとしです。
伊勢市二見町では人生の楽園”ぽかぽか村”で村長をしています。

人生をより楽しく、健康的に生きる秘訣をつづっています。
問題や課題を抱えている方の気づきになればと思いブログを書いています。

 

昨日は、堤防で穏やかな海を見ながら夕食を食べました。
家から車で1分、レジャーテーブル、イスを設置すれば、
最高の気分でディナーを食べる「場」になりました。

 

昨日は「氣=意識」について書きましたが、
今日は、言葉について書きました。


日本語でことばを感じで書くと
「言」+「葉」と書くものだから
私も含め、人は言葉を軽く扱ってしまいます。

言葉の暴力と言われるように
「言葉は、こころに傷をつけます。」

身体の傷はスグに癒えるけど、
こころの傷は簡単には治りません。
50歳、60歳になっても幼少期のトラウマを抱えている人も多いです。
そのトラウマは言葉によるものが多いのです。

さて、言葉についてですが、
「事」の「場」と解釈してみるとことばの使い方が変わります。
「場」とは磁場や波動、その場が良いかどうか?


試しに

「ありがたいな~~~」
「幸せだな~~~」
「嬉しいな~~~」
「豊かだな~~~」
「ついてるな~~」

って声に出して言ってみてください。

あなたのいる「場」の雰囲気が良くなり、
細胞が活性化して蘇ってきます。

あなたの言っている「ことば」を
一番身近で聞いている人って「誰」

あなたの言葉を聞いている人に一番影響力を与えるのが「ことば」

うつくしいことば、
きれいなことば、
やさしいことば、
ゆたかなことば、
しあわせなことば、
うれしいことば

場をよくすることばを使いたいですネ♪

このブログを読んでいるあなたは、きっといい人だから
みんなに教えてあげてください。

ことばは、「場」を帰ることができるってことを
「場」がよくなることばを使いたいですネ♪

 

明日は、「いやしろち」について書きます。
ぜひ、楽しみにしておいてください。